閉じる
6年制薬学科

6年制薬学科

病に苦しんでいる方のかたわらに寄り添い、その方々が笑顔を取り戻せるお手伝いをする。
そんな尊い職業である薬剤師を目指してみませんか。
「薬学科」は、そんな思いを持つあなたに選んでいただきたい学科です。

学科長あいさつ

薬学科長 中村 一基
薬学科長
中村 一基

薬学科は、高度な臨床能力と実践能力を有し、研究マインドと医療人としての使命感を持ち、病院・薬局などの医療機関をはじめ、薬の専門家である薬剤師としてあらゆる場面で活躍できる有為な女性を養成することを目的としております。

その目的のために、4年次までに、幅広く人間性を養う総合大学ならではの共通教育科目、薬剤師に必要な基礎・専門知識を学ぶ薬学専門科目、技能を磨く学内実習など、薬剤師になるための様々な知識を学びます。また、学外実習として、入学直後には病院あるいは薬局での早期体験学習で、医療現場における「薬剤師」の活躍ぶりを垣間見ることができます。

さらに、4年次では臨床薬学基本実習で調剤技術から患者さんへの服薬指導まで「医療人としての薬剤師」に求められる技能や態度を身につけることができるようカリキュラムが組まれています。このようして薬剤師としての基礎を学んだ上で、4年次後期に行われる薬学共用試験(主に知識を評価する客観試験CBTと、実技を通して主に技能・態度を評価する客観的臨床能力試験OSCEの2種類から成り立つ)を受けることになります。

この試験に合格すると4年次の後期(特別学期)から5年次では、薬局、病院の順序で各11週間ずつ合計22週間の長期実務実習を受けて、4年間で学んだ薬剤師としての基礎的な知識・技能・態度を実践に結び付けて、薬剤師となるために必要な能力をさらに高めていきます。

それに加えて4、5および6年次では研究室に配属され、研究課題に取り組んで問題解決能力を養う卒業研究の他、6年間の知識のまとめともいえる総合演習や、より深く広く学びたい人のための選択科目も数多く設けており、「倫理観と臨床能力に優れ、自ら行動できる総合力を持つ薬剤師」を生み出すことに力を注いでいます。

本学薬学科の創立は昭和37年(1962年)であり、伝統によって培われた薬学教育のノウハウ、それらを活かした経験豊富な教授陣による薬学専門教育、入学から卒業まで続く同一担任による指導制度など、薬剤師を目指す学生の皆さんをしっかりサポートします。しかし、いかに充実した教育体制が用意してあるとしても、それを活用して学ぶのは皆さん自身です。薬の専門家として患者さんに寄り添い、日本の医療の発展に貢献する薬剤師の道を歩むという大きな夢を実現させるため私達教員とともに充実した有意義な日々を過ごしましょう。

薬学科の特徴

  • 1.実践力のある薬剤師を目指そう

    社会が期待する薬剤師、それは身につけた知識と技能を臨床で生かすことができる“実践力”のある薬剤師。

    薬学科の教育理念は臨床薬学を重視した“実践力のある薬剤師”の育成です。

  • 2.実績に裏付けられたサポート

    半世紀以上にわたる薬剤師養成教育の実績。大学院薬学専攻における薬剤師スキルアップ教育の蓄積。

    薬学教育に豊富な経験を持つ教授陣があなたの学習をしっかりとサポートします。 経験と実績がものをいう国家試験に対するサポートが万全であることは言うまでもありません。

  • 3.薬学教育推進センターによる学習習慣の確立

    学習上、十分な学力を保持していないと考えられる学生の場合、多くは基本的な学習習慣が確立していないことが大きな原因と考えられます。

    そこで、入学時の早い時期より薬学を学ぶ上で重要な基礎科目において学習習慣を確立するとともに学力向上を目指して、5名の専任教員による少人数習熟度別授業を行う学習形態を採用しています。

  • 4.臨床薬学教育センターによる臨床薬学基本実習(プレファーマシー実習)

    薬学科では、5年次に薬局で11週間、病院で11週間、指導薬剤師(現場で働いている指導資格をもつ薬剤師)のもとで実務実習を行います。これは、実際に薬剤師の業務を体験しながら、薬剤師に必要な知識、技能、態度を修得するものです。

    4年次には、それに先立って事前学習を行っています。言い換えると、講義によって薬剤師業務に必要な知識、実習・演習によって技能・態度を身に付けます。この実習は全国でもいち早く設備・規模を備えた臨床薬学教育センターにて行います。兵庫県薬剤師会、兵庫県病院薬剤師会、⻄宮市薬剤師会、尼崎市薬剤師会の先生方のご指導も受けつつ、行っています。

    この実習を通して、4年次の後期後半に行われる薬学共用試験OSCE※を受験するだけでなく、5年次の実務実習を効果的に行えるようカリキュラムを組んでいます。

    ※Objective Structured Clinical Examination(客観的臨床能力試験)

    具体的には以下のような実習を行っています。

    • 調剤

      模擬処方箋をもとに錠剤、散剤、水剤、軟膏剤などの調製を行います。
      清潔に正確に調剤できるよう何回も練習を行います。

    • 無菌操作

      注射剤は無菌的に調製しなくてはなりません。清潔な手洗いの方法を学んだり、注射剤の調製を行ったりします。

    • フィジカルアセスメント

      薬が本当に効いているか、副作用が出ていないかをチェックするため、患者さんの状態を把握することが重要です。人形を相手に、聴診器を使って胸の音を聞いたり、血圧を測定したりする実習を通して、患者さんの状態を把握するのに何が重要かを学んでいきます。

    • 服薬指導

      模擬患者さんを相手に、実際のお薬と説明書を使って、薬の正しい使い方を説明します。ドラッグストアなどで販売されている一般用医薬品についても同じように練習します。その際、最も大切なことは患者さんへの思いやりです。思いやりを持ちつつ、患者さんに正しくお薬を使ってもらえるように説明を行うことができるよう、指導します。

    • その他

      コンピュータを用いて薬の体内での動きを予測する方法、薬の情報の検索の仕方、処方箋や調剤された薬が間違っていなかチェックする方法の実習も行います。

    • これらの技能・態度は、
      教員が一人一人にきめ細かい指導します。
      そして、病院などの臨床現場で実際に使うことが
      できるようになるまで、何度も何度も繰り返し実習を行います。
      そうすれば、自信をもって実務実習に臨むことができます。

薬学科の学び

  • 1.講義と演習

    薬剤師に必要な知識の基礎を固める講義と演習は、薬学教育モデルコアカリキュラムに準拠しており、経験豊かな教員が丁寧に指導するので、無理なく基礎知識が身につきます。

  • 2.実習

    講義と並行して配置された実習では、薬剤師に必要な実験や測定の基礎的技能を修得します。また、実習を通して講義で得た知識への理解を深めます。

  • 3.卒業研究

    研究室から与えられる研究テーマに取り組む卒業研究は大学生活の総仕上げ。
    研究に参加して未知の課題に挑戦することで、問題解決能力を高めます。

さらなる研鑽を目指して

研究者を目指して、指導的薬剤師を目指して、さらなる研鑽を望むなら大学院への道があります。
薬学科の上に設置されている博士課程大学院(4年間)では、既に第一期生が誕生しました。

薬学科のカリキュラム

※横にスワイプしてカリキュラムをご覧いただけます。

  • 1~4年次知識と技能の習得に向けて

    「くすり」ってなんですか?
    当たり前のようで、よくわからないことから始まって、どうして薬が作られるのか、どうして薬が効くのか、どういうときにどういう薬を使うのか、などなど、くすりにまつわるすべてのことをこの4年間で学びます。

    それとともに「薬剤師」は「ヒト」とかかわる仕事です。医療倫理やコミュニケーションの重要性も学んでいきます。これらを総合して、4年生の終わりには臨床現場に出るチェックテストとして、薬学共用試験を行います。

  • 5~6年次臨床現場での実務実習参加、
    卒業研究と国家試験に向けての総まとめ

    4年間で培った薬学知識をもとに、5年生では病院2.5ヶ月、薬局2.5ヶ月の長期にわたる実務実習を行います。

    ここで薬剤師の仕事を体験し学びます。また、学生各人が興味をもったテーマの研究室に配属され「研究者」として卒業研究に取り組みます。さらに6年生になると、講義・実習などで学んだことの集大成を行い、薬剤師の国家試験にむけての準備を行います。

経済面でのサポート

6年間という長い教育年限は、時間的なこともさることながら、経済的にかなりの負担となることも、十分考えられます。

本学では、従来から行ってきた各種の奨学金制度、公江特待生制度に加えて、教育年限の延長に伴う経済的負担の軽減を目的とした教育資金の無利子貸付制度※1を設けています。

※1:教育資金の無利子貸付制度

対象 薬学科5・6年生
資格 平常点においてGPA※2が2以上で共用試験に合格したもの
貸与額 薬学科授業料相当額(150万円×2年間=300万円)
返済期間 卒業後10年間(300万円÷120ヶ月=2.5万円/月)

※2:GPAとは授業科目ごとの成績評価を4段階で評価するとともに、それぞれの段階を数値に換算して、その数値の平均を算出したもの。