HOME > 薬学部の研究 > 大学院薬学研究科

大学院薬学研究科

研究科長のごあいさつ

大学院薬学研究科研究科長 市川厚

薬と生命・医療に係る高度専門知識の修得をめざす薬学研究科

大学院薬学研究科長 市川厚

21世紀、医療が著しく高度化し、創薬科学や臨床薬学等の研究に大きな社会的期待が寄せられるとともに、薬剤師に適正な薬物治療を実践する医療人としての資質と職能がもとめられるようになりました。

その背景のもと、2006年に薬学教育制度の大規模な改革が実施され、本学部は医療に貢献する薬剤師を養成する6年制の薬学科と創薬科学等の研究者や多様な人材の養成を目的とする4年制の健康生命薬科学科とを設置しました。

それに伴い、これまでの大学院薬学研究科を改組して、2010年に健康生命薬科学科を基礎として、基礎薬科学分野、応用薬科学分野、臨床薬科学分野に関する教育研究を推進する薬科学専攻の修士課程、さらに2012年に同博士課程を開設するとともに、6年制薬学科を基礎にした、医療薬学・臨床薬学に重点を置いた教育研究を推進する新博士課程(4年制)を開設しました。

学部教育がジェネラリストとしての薬剤師や創薬科学等の多様な人材を養成する場なら、 大学院薬学研究科は“くすりと生命・医療”に係る高度専門医療人(ファーマシスト・サイエンティスト;pharmacist scientists)と深い専門性と広範な分野で横断的・統合的能力を有する優れた創薬科学研究者を養成するための場です。そこでは大学院担当教員が個々の専門性に囚われることなく分野を横断して連携・協力し、研究能力ばかりでなく指導力や発表力などを統合的に身につけられるように取り組みます。

さらに、社会で活躍する薬剤師が大学卒業後も最新の薬学知識や新しい技能の習得を継続していくことは不可欠です。そのために、医療機関に在籍したまま、大学院担当教員の指導の下に臨床の場で解決が求められる課題研究を展開しながら単位を修得し、修士学位(薬科学)、博士学位(薬科学、薬学(4年制))の取得を目指すことができます。

このように、薬学研究科では薬学部4年制および6年制課程の卒業生ばかりでなく、修士課程修了者さらには薬学以外の出身者にも広く門戸を開く教育・研究指導体制を整えています。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

講座別の研究内容と指導教員の詳細

各専攻の紹介

薬学専攻について
薬科学専攻について

長期履修学生制度、科目等履修生(聴講生)制度について

長期履修学生制度について

職業を有している等の事情で時間的な制約を受ける場合を考慮し、通常の修業年限 [修士課程2年・博士後期課程3年(薬科学専攻)、博士課程4年(薬学専攻)]で修了することが困難な方のための制度です。在学期間中の1年間の授業料の負担が軽減されます。この制度の利用を希望される場合は、事前に提出された申請書に基づいて審査が行われ、標準履修年限を超えて長期履修して課程を修了することが認められます。

詳細はこちらです。

科目等履修生(聴講生)制度について

薬科学専攻では、修士課程の開講科目に対しての科目等履修生制度を設け、医療従事者(薬剤師、看護師、MR、薬局経営者など)、4年制薬学部や薬学以外の理系学部・学科を卒業された社会人を対象として聴講生を受け入れています。基礎薬科学分野の科目は主に昼間、応用薬科学分野および臨床薬科学分野の科目は主に夜間に開講されており、試験を受け合格すれば、科目等履修科目は単位として認定されます(下記参照)。単位修得後、本学大学院に入学した場合、入学時点から遡及して2ヶ年以内に修得した単位は10単位まで各自の申し出により認められます。

募集要項はこちらです。

科目等履修科目の一覧はこちらです。

科目と時間割

2016年度 薬学専攻及び薬科学専攻

募集要項とお問い合わせ

  • 募集要項はこちらで取り寄せることができます。
  • お問い合わせはこちらまでお願いします。


武庫川女子大学薬学部メニュー

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図