HOME > 薬学部の研究 > 大学院薬学研究科 > 薬科学専攻 社会人-夜間

開講科目と時間割(薬科学専攻-夜間)

教育内容

近年の医薬分業の急速な進展や新しいタイプの医薬品の開発、医療技術の進歩などによって、薬剤師を取り巻く環境は大きく変化しています。それゆえ、それらに対応できる医療倫理を含めた質の高い、信頼される薬剤師が求められています。これからの薬剤師は、日に日に高度化する医療知識及び技術に適応できる能力を備え、また業務の質の向上を図るために、生涯にわたって自ら進んで研鑚し続ける必要があります。今まで、ばらばらに得ていた知識や技術を系統的に整理し学修する卒後教育が不可欠です。薬学教育が6年に延長されたのもそのためです。

武庫川女子大学薬学部では、上記の目的を達成するため、平成11年度に薬学研究科臨床薬学コース(平成16年度から医療薬学専攻に改編)を昼夜開講としました。そして、平成22年度からは薬学部の6年制に伴い薬科学専攻(社会人 夜間)になりました。講義は本学の教員と他大学、病院、薬局などの第一線で活躍されている先生方によって行われます。実習及び演習は本学部の臨床薬学教育センターを使用して最新の技術が修得できるようにカリキュラムが組まれています。

長期履修学生制度

職業を有している等の事情で時間的な制約を受ける場合を考慮し、通常の修業年限 [修士課程2年・博士後期課程3年(薬科学専攻)、博士課程4年(薬学専攻)]で修了することが困難な方のための制度です。在学期間中の1年間の授業料の負担が軽減されます。この制度の利用を希望される場合は、事前に提出された申請書に基づいて審査が行われ、標準履修年限を超えて長期履修して課程を修了することが認められます。

詳細はこちらです。

科目等履修生(聴講生)制度

薬科学専攻では、修士課程の開講科目に対しての科目等履修生制度を設け、医療従事者(薬剤師、看護師、MR、薬局経営者など)、4年制薬学部や薬学以外の理系学部・学科を卒業された社会人を対象として聴講生を受け入れています。基礎薬科学分野の科目は主に昼間、応用薬科学分野および臨床薬科学分野の科目は主に夜間に開講されており、試験を受け合格すれば、科目等履修科目は単位として認定されます(下記参照)。単位修得後、本学大学院に入学した場合、入学時点から遡及して2ヶ年以内に修得した単位は10単位まで各自の申し出により認められます。

募集要項はこちらです。

科目等履修科目の一覧はこちらです。

履修方法

修士課程

  1. 2年以上在学して、30単位以上を修得後、課題研究報告書を提出してその審査および最終試験を受ける。
  2. 修得すべき「30単位以上」は、次の組合せにより履修するものとする。
    • ※ 実践薬科学課題研究(4単位)、実践薬科学演習1、2(4単位)、実践薬科学特別実習1、2(2
        単位)と講義科目20単位以上

学位授与

修士課程に在学して、所定の単位を修得し、更に課題研究報告書の審査および最終試験に合格した者には、修士(薬科学)の学位を授与する。

科目と時間割

2015年度 修士課程(社会人-夜間)

 博士課程時間割(PDFファイル) (右クリックでファイルを保存してください)

 薬科学専攻修士課程(昼間)時間割(PDFファイル) (右クリックでファイルを保存してください)

 薬科学専攻修士課程(夜間)時間割(PDFファイル) (右クリックでファイルを保存してください)



武庫川女子大学薬学部メニュー

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図