閉じる

卒後教育

卒後教育

薬学講座

薬学講座は6回1組の講座で、
一つの総合テーマのもと、
薬学と関連領域に関わる新しい知識や実務的
な知識に至る様々な話題をとり上げます。

第38回(2019年度)

「少子超高齢化社会の疾患を学ぶ ~病態と薬物治療を中心として~」

第1講 6月15日(土) 「女性のための医療(生殖年齢から更年期まで)~ホルモン療法を中心に」
こうむら女性クリニック
院長 甲村 弘子 先生
第2講 7月20日(土)

「在宅褥瘡の多職種連携における薬剤師の役割拡大」
武庫川女子大学 看護学部 成人看護学(急性期)分野
教授 宮嶋 正子 先生

「褥瘡の状態に合わせた薬剤や創傷被履材の使い方」
武庫川女子大学 看護学部 成人看護学(急性期)分野
助教 藤本 かおり 先生

第3講 8月3日(土) 「高齢者におけるがん細胞の代謝的リプログラミングを考慮した薬物治療戦略」
武庫川女子大学 栄養科学研究所
所長 福尾 惠介 先生
第4講 9月21日(土) 「腎臓機能に応じた投与戦略:重篤な副作用を防ぐために」
熊本大学大学院 生命科学研究部 腎臓内科学分野
教授 向山 政志 先生
第5講 10月19日(土) 「地域連携によるポリファーマシー対策」
宝塚市立病院
薬剤部長 吉岡 睦展 先生
第6講 11月16日(土) 「認知症の人への薬剤師的関わり方」
兵庫県立ひょうごこころの医療センター
認知症疾患医療センター長 小田 陽彦 先生

第38回 武庫川女子大学薬学講座のご案内(PDF)(クリックしてください)

以下は過去に行われた薬学講座の内容です。

第37回(2018年度)

「代表的な疾患を学ぶー病態と薬物治療を中心としてー」

第1講 6月16日(土) 「耳鼻科クリニックでの抗菌薬適正使用の取り組み ー風邪・中耳炎・副鼻腔炎を中心にー」
前田耳鼻咽喉科
院長 前田 稔彦 先生/前田 雅子 先生
第2講 7月21日(土) 「知っておくべき在宅医療の現状 ー在宅医療こそ私の歩む道ー」
医療法人 松尾クリニック
院長 松尾 美由起 先生
第3講 8月4日(土) 「臨床で役に立つ薬物動態学」
武庫川女子大学薬学部臨床薬学講座
教授 岡村 昇 先生
第4講 9月15日(土) 「患者によりそう消化器癌の化学療法の進歩」
大阪大学医学部先進癌薬物療法開発学 寄附講座
教授 佐藤 太郎 先生
第5講 10月20日(土) 「肺癌の化学療法:現在のがん診療と化学療法の役割」
NHO 京都医療センター呼吸器内科
外来管理部長・呼吸器科医長 三尾 直士 先生
第6講 11月18日(土) 「うつ病とは何か、そしてそれは薬で治るのか」
神戸大学大学院医学研究科精神医学分野
講師 青山 慎介 先生
第36回(2017年度)

「日常業務で遭遇する疾患と治療ー実例に基づく基本対応と最新治療ー」

第1講 6月10日(土) 「眼科手術 ー薬剤師と医師の関わりー」
多根記念眼科病院
部長 絵野 亜矢子 先生
第2講 7月8日(土) 「パーキンソン病 ー分子病態解明、診断、治療の最新情報ー」
京都大学医学研究科臨床神経学(神経内科)
教授 高橋 良輔 先生
第3講 9月30日(土) 「脳卒中リハビリテーションの動向」
兵庫医科大学リハビリテーション科
主任教授 道免 和久 先生
第4講 10月14日(土) 「地域で支える救急医療ー安心・安全な暮らしのために出来ることー」
公立豊岡病院但馬救命救急センター
センター長 小林 誠人 先生
第5講 11月18日(土) 「小児のてんかん診療の実際ー薬物療法を中心にー」
兵庫県立こども病院
神経内科部長 丸山 あずさ 先生