HOME > 進路・就職 > 薬学科の進路・就職 > 卒業生の声

薬学科の卒業生の活躍


卒業生の声

2004年度卒 廣瀬晃子

病院薬剤部で活躍する

2004年度卒 廣瀬晃子
兵庫県立塚口病院薬剤部 

公立病院での勤務は、公務員という身分にはなりますが、私立の病院と業務内容は変わりません。

違う点としては、県立病院間の転勤がある点になります。県内には専門病院や、総合病院、様々な県立病院があり、それぞれに特色を持った医療を提供しています。1つの病院に留まらず、色々な病院に勤務するという事は、もちろん大変なことですが、薬剤師として、様々な知識を得る機会が増えることにもなると思います。

業務内容は、調剤業務、抗癌剤・TPNの混注業務、製剤業務、服薬指導、患者さん向け教室(糖尿病教室等)での患者指導、病棟や外来の薬品管理、DI業務、オーダリングシステムの登録など、様々な業務があります。

私の勤務している病院では、毎日、服薬指導業務を半日かけて行っています。病棟で患者さんと接するためには、確かな知識とコミュニケーション力が必要となり、日々勉強の連続です。反省することも多いですが、患者さんの「ありがとう」に励まされて頑張っています。

病院では薬剤師だけでなく、医師、看護師、管理栄養士など、様々な職種のスタッフと仕事をすることになります。専門の違うスタッフから、教えてもらうことや、刺激を受けることも多いです。

今、大学時代を振返って大切だと思うことは、仕事の礎となる薬学の知識をきっちり習得することと、コミュニュケーション力を養うためにも、沢山の友達を作って、自分の世界を広げておくことです。

就職にあたって色々と進路に迷われることと思いますが、自分の本当にやりたいことをしっかり選んで、武庫川女子大学薬学部の卒業生として活躍していってください。

薬学科の進路・就職に戻る



武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図