Pharmacognosy

 


生薬学研究室 (天然物機能化学研究室)

植物がもつている生理活性物質に関する研究を行なっています。

植物の持つ生理活性物質には二つの大きな機能(働き)があります。一つは、病気の治療や予防といった人に対する機能で、薬学的研究の根幹をなすものです。もう一方は、植物本来が持つ植物自身にとっての機能、たとえば害虫や気候変動から自信を守るための機能です。

 私たちの研究室では、 植物の持つこれらの機能の解明を目的として、さまざまな実験をしています。身の回りで起こる不思議な生物現象に目を向けて、常に知的好奇心を刺激し、  天然物化学の発展に貢献したいと考えています

このホームページの著作権は武庫川女子大学薬学部生薬学研究室に属します。

Copyright (c) 2010.10.1 Pharmacognosy, School of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences,

Mukogawa Women's Universuty. All right reserved.