本研究室では、「薬を創る」ための創薬化学研究をしています。


そのアプローチにはいくつかの方法があります。例えば、海洋生物、陸上生物に含まれている物質を取り出して薬に発展する方法もあります。そのほかにも「これまで世の中に存在しなかった化合物を自分自身で創り、それを薬にしよう」とするアプローチも可能です。この研究方法は、研究者自身の考え、アイデアによって薬となる分子を自在にデザインすることができ、また斬新な薬を作り出せる方法の一つです。 
幸い、本研究室では、体の中で重要な働きをするにもかかわらず、多く作られすぎると色々な病気を引き起こすロイコトリエンB4を選択的に抑制する化合物を見出してきました。この化合物は今、すい臓がん、リウマチ、アレルギーの薬に発展する可能性があります。次に、骨粗鬆症を引き起こす骨を溶かす細胞を強く阻害する化合物も見出されています。この化合物は動物に飲ませると、明らかに骨が溶け出すことを防ぎます。これらの化合物は全て、これまでこの世の中に無かった新しい化合物です。 これら創薬化学研究に加えて、新規複素環化合物の新しい合成法の研究や、ヘテロ原子や複素環を活用する環境に優しい有機合成反応の開発研究も始めています。

 
さあ、新しい薬となる可能性を秘めた化合物を

自分の手で、あなたも創ってみませんか。


news新着情報

2017年2月7日
イベント を更新しました。
2017年2月6日
研究業績 を更新しました。
2016年10月26日
サイトをリニューアルしました。

武庫川女子大学 薬学部 薬化学T講座

〒663-8179
兵庫県西宮市甲子園九番町11-68
TEL.0798-45-9953
FAX.0798-45-9953

スマートフォン版