Introduction of  Phamacognosy
 




 ホーム


 アルバム


 メンバー



 研究テーマ


 最近の論文



 薬用植物園HP

 
 薬学部HP



武庫川女子大学 薬学部
      総合薬学研究棟5F南

 〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68

arubamu/arubamu.htmlmenba.htmlyan_jiutema.htmlyan_jiutema.htmlzui_jinno_lun_wen.htmlhttp://ph.mukogawa-u.ac.jp/~botanic/http://ph.mukogawa-u.ac.jp/homu.htmlarubamu/arubamu.htmlyan_jiutema.htmlyan_jiutema.htmlzui_jinno_lun_wen.htmlhttp://ph.mukogawa-u.ac.jp/~botanic/http://ph.mukogawa-u.ac.jp/homu.htmlshapeimage_2_link_0shapeimage_2_link_1shapeimage_2_link_2shapeimage_2_link_3shapeimage_2_link_4shapeimage_2_link_5shapeimage_2_link_6

研究室では、研究テーマに従って、毎日明るく、夢を持って実験していますが、研究だけでなく学生や院生とティータイムで雑談に花を咲かせたり、昼にはテニスをしたりもしています。さらに薬用植物園の見学や、ゼミ旅行ではいろんな場所を訪れ、心身共にリフレッシュをはかっています(アルバム)。
卒論を希望する学生さんへ 大学生活を充実したものにしようという人は、この生薬学研究室に来て、研究を通じて「末期医療において現在も欠かすことのできないモルヒネを代表とする多くの天然資源材料を、リード化合物として発展してきた天然由来の医薬品の歴史的展開の過程」を学んで理解してもらえればと思っています。yan_jiutema.htmlarubamu/arubamu.htmlarubamu/arubamu.htmlhttp://livepage.apple.co.jp/shapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1shapeimage_5_link_2