HOME > 薬学部の研究 > 研究室の紹介 > 山本研究室

化学系研究室の紹介

山本研究室

准教授
山本いづみ
助手
塩川敦子

薬学部は、薬剤師、研究者をはじめとするさまざまな分野で活躍する医療人を育てる学部です。これからの医療人には、広い意味でのテーラーメード医療を実施すべく、自ら考える能力やコミュニケーション能力が必要とされています。そのために、薬学部では「からだ」をキーワードにいろいろな分野の勉強をしなければなりません。それらは「からだ」を介してすべてつながっており、単なる知識の丸暗記では使いものになりません。今まで習得した知識を使える知識にし、これからの「考える医療人」として活躍するためには、「まず理解し、必要な知識は覚える」という物理化学的な考え方が不可欠です。私たちは、物理化学的な見方、考え方を学ぶことによる「考える医療人」育成のための教育方法の研究とその実践を目標にしています。

このような趣旨のもと、当研究室では、「薬学的知識を融合した自己学習システムの構築」という共通の目標を掲げ、学生各自が自ら選んだテーマにそって、e−ラーニングのコンテンツ(例:右上図)を作成しています。様々な書籍を自ら調べ、互いにディスカッションし、動画などコンテンツ作成に必要な技術も学生自ら調べ、互いに教えあうことをスローガンにしております。また、定期的に開催する研究室員全体でのSGDは、コンテンツの内容や構成の仕方について互いに討論、批評しあうことで、内容に関する理解が深まり、またコンテンツの質を上げるとともに、コミュニケーション能力の向上にも役立っています。

5期生のテーマは次のようになっています。
「免疫調節薬を免疫学から学ぶ」
「視覚から学ぶインフルエンザ」
「血液の役割と血液疾患」
「精神疾患から学ぶ中枢神経作用薬」
「構造式から学ぶ化学療法学」

ぜひ研究室のホームページも訪れてみて下さい。

研究室ホームページへ


武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図