HOME > 薬学部の研究 > センターの紹介 >分析センター

センターの紹介

分析センター

センター長(兼)
 篠塚和正

分析センターは、装置に対する振動の影響を考慮して、研究・管理棟の地下1階に置かれています。センターには、創薬研究をサポートする最新の分析装置があります。薬の構造や、からだの中での薬の動き(薬物動態)を知るためにかかせない装置です。

現在センターに設備されている主な測定装置は、元素分析装置(Yanaco CHNコーダーMT-3型)、NMR測定装置(ECP-400型および500型)、GC/MS測定装置(JMS-700型およびAutomass SUN)、LC/MS測定装置(TSQ7000型およびQuattro Premier型)、MALDI/TOF-MS測定装置(AXIMA CFR plus型)です。

分析センターホームページへ


武庫川女子大学薬学部メニュー

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図